動画制作をするのに必要な知識

動画制作をする上で知っておくと良い知識があります。

知っているだけで動画制作をする上において1つの基準となるかもしれませんので是非ご自身で学んでおきましょう。動画制作をしようとすると動画の質が問われる事があります。ビットレートという用語をしっていますか。1秒間にどれだけ情報が詰め込まれているかということを表しています。bpsという単位になります。ビットレートが高いと画質や音質が向上します。

映像がどのような見え方になるのかというと、その物を認識がしやすくなっています。ぼんやりと見えるかはっきりと見えるかの違いがあります。音声と映像のふたつのビットレートを合わせたものが、総ビットレートになります。総ビットレートはそのまま表記されていますので比較的見つける事は簡単です。映像のビットレートの表記はデータ速度と書かれていますので少し分かりにくいかもしれません。

また、音声ファイルは映像ファイルに比べて大幅に小さくなっていますので、音声のビットレートを下げても全体的なファイルサイズはそこまで変化がありません。ビットレートは、様々なものと関係しています。その1つにコーデックがあります。コーデックは映像や音声を圧縮するための圧縮アルゴリズムです。例えば、同じビットレートの動画があったとしても、ファイルサイズあたりの画質の向上をさせているコーデックを使用した方が倍以上、画質が綺麗になるのです。ビットレートとの関係性を考える事は重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *