宣伝広告に必要な映像制作のアウトソーシングの流れ

映像制作においては大勢のスタッフが関わり合う必要があります。

実写かアニメーションかによって必要となるスタッフも器材も異なり、場合によっては両者を組み合わせて一つの映像を作り上げることになります。そういった撮影や制作のためのスタッフを一般企業が抱えていくのはコスト面から難しいものの、製品のプロモーションビデオの作成やコマーシャル映像の制作、インターネット上での宣伝に向けた映像制作など、宣伝広告において必要性が高まっています。

そのため、多くの企業ではこういった映像制作をアウトソーシングする動きが強まっています。それを受けて映像制作を専門とする大小の業者が多数設立され、総合的に請け負う業者から、実写あるいはアニメーションに特化した業者まで様々な特徴のある担い手が増えてきています。動画付きのバナー広告等のように比較的簡素なものであればフリーランサーが担い手としても広まってきており、クラウドソーシングによって安価にアウトソーシングすることができるようになっています。

テレビを代表とする様々なディスプレーの画質の向上と通信回線の高速化とによって映像にも高い品質が求められるようになっており、その制作を担う企業においても腕のよいデザイナーやイラストレーターなどの多様な専門家を手配することが必要となっています。その個々の仕事がフリーランサーにアウトソーシングされることも散見され、個人として能力の高い人材の活用が広まってきています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *