中古携帯(白ロム)を使ってみましょう

日本にはキャリアと呼ばれる携帯電話会社がありますが、最近ではmvnoと呼ばれる大手キャリアから回線を借りてデータ通信や音声通話サービスを提供している通信会社が増えています。

これは設備投資や人件費を大幅に抑える事が可能となっているからであり、消費者が安い通信プランを使える仕組みになっています。そのプランを使うには中古携帯(白ロム)や解約した携帯電話が必要で、スマートフォン(通話とデータ通信の基本料金)は従来のキャリアプラン(通話かけ放題とデータが込みのプラン)と比較すると5000円前後低い2000円以内で使える通信会社がほとんどですので、大幅に毎月の携帯電話料金を節約出来ます。

中古携帯を使うには端末のカードスロットに差し込む契約済みのsimカードが必要ですが、3種類のカード(標準、マイクロ、ナノ)がありますので各mvnoのサイトで自分が使う予定の中古携帯に適合するカードを選ぶようにしましょう。

mvnoの多くは高速通信と低速通信の切り替えができるサービスをユーザーに提供していますが、各mvnoのマイページやスマートフォンのホーム画面に設置したウィジェットをタップするだけで切り替えが出来るようになっています。これを活用出来れば最安のデータプランでもインターネットが楽しめますので、高速通信(動画やアプリダウンロード)と低速通信(メールや掲示板等のテキストサイト)を使い分けるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *